Insta360バイク取り付け

カメラ その他

360度カメラバイク撮影は取り付け場所が大事!おすすめの撮影例をご紹介

バイクを愛する皆様、こんにちは。

かっこいいバイク動画を撮り続けていたらYouTubeチャンネル登録者3万人になっていた筆者です。

先日、更に美しいバイク動画を撮影するために、バイク乗りの間で話題の360度カメラ、「Insta360 X3を導入しました。

Insta360x3バイク撮影キット

しばらく撮影してみて「バイクの360度映像ってカメラの取りつけ場所が超大事だ...」ということに気が付きました。

この記事では360度カメラのバイクへのおすすめの取り付け場所と気をつけたいポイントをご紹介します。

360度カメラを使ってツーリングをきれいな映像で撮影してみたい!面白い映像を撮りたい!と、考えている方におすすめの記事です。

Insta360 X3に限らず、360度カメラ全般に活用できるテクニックをご紹介します。

360度カメラ(Insta360 X3)のバイク撮影方法を動画でご紹介


360度カメラ「Insta360 X3」のバイクへの取り付け方の解説、製品レビューを動画でもご紹介しています↑

様々な場所に取り付けた走行映像が見れますので、この記事と併せて御覧ください。

※この記事で紹介している作例は上記動画からの切り出し画像です。

360度カメラのバイクへのおすすめの取り付け場所①ハンドル

Insta 360公式から販売されている「バイク撮影キット」を使えばバイクのあらゆる箇所に取り付けが可能です。

おすすめの取り付け場所と、どのような映像が撮れるのか、実例とともにご紹介します。

コレが基本!Insta360 X3をハンドルに取り付け

Insta360x3バイク取り付け

これはカメラをハンドル周りに取り付ける最も基本的な取り付け方法です。この取り付け方のメリットは、

  • ライダー視点の景色と自撮りの映像、どちらも一度に撮れる。
  • 手の届く場所なのでカメラの操作がしやすい。
  • 視界に入るので録画中か確認できる。

上記の理由からこのポジションが最も使いやすいので、筆者の場合、ツーリング中の8〜9割くらいはこの位置で撮影しています。

Insta360x3バイク取り付け

ハンドルに取り付けた映像(風景)

Insta360x3バイク取り付け

ハンドルに取り付けた映像(自撮り)

難しいことは考えずに、ここに設置しておけば面白い映像が撮れるので基本はこの位置に固定してます。

ドライブレコーダーのように使用する際も、この場所に設置で問題ないと思います。

360度カメラの取り付けはハンドルの左側?右側?

ハンドル周りに取り付けるのはおすすめですが、取り付け時に一点、注意点があります。

それはハンドルの左側に取り付けるか、右側に取り付けるかで撮れる映像が少し変わるという点です。

上記作例ではハンドルの左側に取り付けていますが、左側走行の日本の道路の場合、風景と自撮りの映像を同じ画面に収めるにはハンドルの右側に取り付けた方が良いかな...?とも思いました。

360度カメラの取り付け場所

逆に景色だけをきれいに撮りたいという場合は左側に設置したほうが良かったりするので、複雑ですね...。

これは自分の撮りたい動画によって異なる点かと思いますので正解は無い気がします。

360度カメラのバイクへのおすすめの取り付け場所②下・横・前

正直、普通に撮影するのであれば上記の「ハンドル周りに取り付け」だけで十分きれいな、かっこいい走行映像が撮影できます。

ただ、「360度カメラでもっと面白い映像が撮りたい!」という方向けに、ここからはちょっと変わった撮影方法をご紹介します。

Insta360x3バイク取り付け

それはInsta360公式のアクセサリー「消える自撮り棒」を組み合わせてバイクの様々な場所に固定して走行する方法です。

取り付け場所別に、どのように撮れるのか簡単にご紹介します。

360度カメラを下に設置したバイク走行動画

Insta360x3バイク取り付け

バイクの下方に取り付けると、スピード感が出て迫力ある映像が撮影できます。

まるでドローンが超低空で追いかけてきているかのよう...。

Insta360バイク取り付け

こちらは自撮り棒を前方に伸ばして下から撮った作例です。う〜んアメリカン。

360度カメラを横に設置したバイク走行動画

Insta360バイク取り付け

ハンドルにマウントを取り付けて、側面に自撮り棒を伸ばして撮影するとこのようなアングルになります。

まるでカメラマンが並走しているかのような映像です。

360度カメラを前方に設置したバイク走行動画

Insta360バイク取り付け方

自撮り棒を前方に伸ばして撮影するとまるで映画のワンシーンのようなアングルに。

風景とライダーが歪まず自然な構図で撮影できています。

360度カメラ+自撮り棒バイク撮影の注意点

自撮り棒を使用したバイク撮影について注意点が2点あります。

  • 手の届かない場所にカメラを設置することになるので、カメラの操作がしづらいです。
  • 自撮り棒を伸ばし過ぎると危険です。

特に他の運転者への迷惑になるような撮影をしないようにご注意ください。また、交通量が多い道路での撮影は控えましょう!

360度カメラのバイクへのおすすめの取り付け場所③バックパック

Insta360x3バイク取り付け

さらに面白い映像が撮りたい!というあなたにおすすめするのはこの方法。

バックパックと自撮り棒をベルトなどを使用して固定して撮影します。

Insta360ゲーム視点

まるでゲームをしているかのような三人称視点での映像になります。

カメラが中心からずれるとゲームっぽい映像にならないので、しっかりと固定することをオススメします。

360度カメラのバイクへのおすすめの取り付け場所まとめ

Insta360x3バイク取り付け

基本はハンドル周りに取り付けでOK!さらにこだわりの映像を残したければ自撮り棒やバックパック使って様々な映像を撮影してみましょう。

360度カメラとバイク動画の相性は抜群なのでおすすめです。

今回使用した超高画質な360度カメラ「Insta 360 X3」の詳細はこちら↓
※使用しているのは「バイク撮影キット」です。
https://www.insta360.com/sal/x3?insrc=INRBKJY

以上、「360度カメラのバイクへのおすすめの取り付け場所まとめ」でした。

最後までお読み頂きありがとうございました。

-カメラ, その他
-,